企画部・人見

企画部・人見

JA福島さくら本店・企画部企画課の人見です。 みなさまの生活に役立つ情報をお届けしてまいります!

フォロー

1 人にフォローされています

郡山地区農産物直売所旬の庭でイベント開催のお知らせ

郡山地区農産物直売所旬の庭でイベント開催のお知らせ

6月21日(金)~23日(日)の3日間、郡山地区農産物直売所「旬の庭」久留米店・大槻店では、毎月恒例の『旬の市』を開催いたします。 また、期間中、久留米店では郡山女子大学の学生さんが考案したお弁当の販売も行います。 皆様のお越しをお待ちしておりますので、ぜひともご来店ください。
企画部・人見 | 99 view
「食」について考えよう 食育キャンペーン開催

「食」について考えよう 食育キャンペーン開催

6月16日、農産物直売所ふぁせるたむらでは、県中保健福祉事務所と田村市食生活改善推進協議会による「食育キャンペーン」が開催された。 このキャンペーンは、6月の〝食育月間〟にちなんで行われたもので、食育基本法に基づく食育推進基本計画により、毎年6月は食育月間と定められています。 今回のキャンペーンでは、350gを目指して野菜を詰めるゲームや「赤」「黄」「緑」の三色を揃えてバランスのとれた食事を作るゲームが行われたほか、バランスの良い食事や食品の塩分量の展示、情報提供コーナーでの栄養相談などが行われ、参加者たちは様々な体験を通して、楽しみながら食育に関する知識を深めていました。
企画部・人見 | 49 view
美味しく実ることを願って

美味しく実ることを願って

6月11日、たむら地区管内の田村市立常葉小学校で、バケツ稲作り体験講習会を開き、同校の5年生42名が参加しました。 体験講習会では、JAの営農担当者から水稲栽培に関する講習を受けました。 その後、実際にバケツの中で肥料入りの土と水を泥状になるまでよく混ぜた後、病気や虫に強いチヨニシキの稲を植え付けました。 参加した児童たちは、担当者の話に真剣に耳を傾け、みんなで協力し合いながら一生懸命自分たちのバケツ稲を作っていました。秋には成長した稲穂を収穫し、自分たちで育てたお米の味をおいしく食べる予定です。
企画部・人見 | 42 view
谷田川小で田んぼの生き物調査を行いました

谷田川小で田んぼの生き物調査を行いました

6月9日、郡山市立谷田川小学校全校生でたんぼの生き物を観察する授業を行いました。 カエルやオタマジャクシ、ヤゴ、水カマキリなど18種類を採取しました。採取された中でも「シュレーゲルアオガエル」は中々姿を見かけることが少ない種類で、注目を集めていました。生き物が増えることが生態系を豊かにし、安全なお米づくりにもつながることを学びました。
企画部・人見 | 57 view
”JK” サツマイモ苗定植

”JK” サツマイモ苗定植

6月6日、郡山女子大附属高校食物栄養科の生徒さん39名で郡山市西田町の畑にサツマイモ(紅はるか)の苗1250本を植えました。皆さんとても手際がよくあっという間に作業が終わりました。
企画部・人見 | 65 view
三春町で田んぼアート

三春町で田んぼアート

 5月26日、当JA桜支店管内の田村郡三春町斎藤地区と岩江地区で、田んぼアートの植付けが行われ、職員が参加しました。  田んぼアートとは、田んぼをキャンパスに見立て、色の異なる苗を植え、きゃだいな絵や文字を作る物で、斎藤地区では中山間事業の一環として、岩江地区では地域活性化を目的として、例年田んぼアートに取り組んでおり、通常の稲の他に古代米など7種類の異なる稲を植付けて制作されています。  今年度斎藤地区は三春滝桜、干支の亥、新元号「令和」、岩江地区は三春駒、町章、愛姫(めごひめ)が描かれ、秋には稲穂で描かれた滝桜や三春駒が、田園に美しく浮かび上がる予定となっています。
企画部・人見 | 59 view
夏のボーナスはJAへ!!

夏のボーナスはJAへ!!

6月3日から8月30日までの期間、JAバンク福島で、ナツトクキャンペーンが展開されることから、本日当JAの職員がJR郡山駅前周辺で、チラシ等の配布を行いました。 同キャンペーンでは、契約された方にはオリジナルグッズのプレゼントのほかにも抽選で福島県産の農畜産物のプレゼントをいたします。 皆様もぜひ、『貯金はJAへ』お願いいたします。
企画部・人見 | 60 view
2019 親子大学開校式

2019 親子大学開校式

6月2日 郡山市の大槻農園において、親子大学の開校式を13組31名の親子が参加し開催されました。 第1回目は開校式と野菜苗の定植を行いました。今回定植したのは、ピーマン・ナス・ミニトマト・枝豆・落花生・かぼちゃ、サツマイモの7品目。参加した親子の皆さんは、収獲を楽しみに一生懸命作業を行いました。 次回開催は8月4日(日)今回定植した野菜の収穫と収穫野菜を使ったお料理講習を行う予定です。
企画部・人見 | 86 view
バケツ稲作りを体験

バケツ稲作りを体験

5月29日、たむら地区本部管内の美山小学校でバケツ稲作り体験講習会を開き、同校の5年生12名が参加しました。 体験講習会では、お米に関するクイズをした後、営農担当者から水稲栽培に関する講習を受け、実際に3種類の土を混ぜ土作りをして、水や肥料を入れバケツにもち米の稲を植え付けました。  参加した児童たちは、成長していく稲の姿を思い浮かべながら、楽しそうにバケツ稲作りを行い、秋には稲穂を収穫し、自分たちで育てたもち米でお餅を作り、堪能する予定です。 たむら地区本部は、かねてより食農教育の一環として、管内の小学生に自らの手で稲を育てて収穫をする楽しさを知ってもらおうと、バケツ稲作り体験講習を行っています。
企画部・人見 | 173 view
手植えで田植えを経験

手植えで田植えを経験

5月20日JA福島さくら郡山地区本部で、郡山市三穂田町の水田で、米の重要性を学ぶ食農教育活動の一環として、郡山女子大学付属高等学校食物科の生徒や、同短期大学部健康栄養学科、同附属幼稚園の生徒児童ら総勢約250名で、手植えによる田植えを体験しました。 日本人の主食であるコメの重要性を再認識してもらうことを目的として、生徒たちは、裸足で水田に入り、当JAの営農指導員から手ほどきを受けながら苗を手植えする際の目印となる線を引く「ガジ引き」作業や、コシヒカリの苗の植え付けを行いました。 田植え後には、昼食として、郡山市のブランド米「あさか舞」と地元野菜をふんだんに使用したカレーライスや、取れたてのキュウリやトマトを味わいました。
企画部・人見 | 90 view
第4回通常総代会開催

第4回通常総代会開催

5月24日、郡山市のユラックス熱海で第4回通常総代会を行い、2019年度事業計画など全12議案および附帯決議が原案通り承認された。 結城政美組合長は「農業の振興と地域社会への貢献を最優先にすすめ、地域社会に根ざした組織としての役割を誠実に果たすため、令和元年の事業計画を着実に実践する」と話しました。 また、元年度事業計画には、具体的取組事項として、「担い手の確保・育成」「農業所得の増大」「農業生産拡大」の実現に向けた「訪問と対話」を基軸とした営農指導活動の充実などが盛り込まれました。特別決議では、JA自己改革の促進によるSDGs(持続可能な開発目標)への貢献に関する特別決議が可決されました。 また、優良組合員16人、優良組合員組織7組織、感謝状贈呈4人に結城組合長より賞状と記念品が手渡された。
企画部・人見 | 91 view
第4回 健康スポーツクラブ通常総会開催

第4回 健康スポーツクラブ通常総会開催

5月25日、郡山市のJA福島さくら本店にて、第4回健康スポーツクラブ総会が開催されました。 健康スポーツクラブは、当JAの女性部員から構成されており、部員相互の健康維持、体力向上を図るため、健康スポーツを実践することを目的としており、同総会では、各支部のスポーツ民謡や、フラダンスなど、27組が日頃の練習の成果を披露しました。
企画部・人見 | 56 view
「親子で学ぼう!農業体験」を開催

「親子で学ぼう!農業体験」を開催

5月25日、JA福島さくらたむら地区本部管内の田んぼで、「親子で学ぼう!農業体験」を開催しました。 参加した子供たちは、お父さんお母さんと一緒に田んぼに入り田植えをしたり、ふぁせるたむら脇の畑で、ピーマンやナスの野菜苗の定植を体験しました。 これから自分たちで植えた農作物の生育を見守っていきます。
企画部・人見 | 72 view
味噌加工講習会を開催

味噌加工講習会を開催

4月22日~24日までの期間で、郡山市の大槻農園女子会の活動の一環で味噌加工講習会を実施しました。 郡山市逢瀬町の農産加工センターで行い、参加者は丹精込めて、一から手作りで、味噌の加工を行っていました。
企画部・人見 | 32 view
いわき地区親子農業体験ツアー開催

いわき地区親子農業体験ツアー開催

JA福島さくらいわき地区本部で、令和元年7月27日(土)に親子農業体験ツアーを開催いたします。 いわき市内在住の親子を対象に、こんにゃく作りやピザ作りのほか農産物の収穫体験を行う機会ですので、ぜひともご参加ください。 ★☆お問合せ先☆★ いわき地区本部 生活福祉課 担当 粥塚 TEL 0246-28-9142 FAX 0246-28-9302
企画部・人見 | 183 view
161 件