特集

食養生コラム 第5回

お口とからだ、イキイキと! きらら歯科の外島先生が連載する、食養生コラム。

お口のはたらき -その2-

みなさん、お水を飲むときにしっかりお口を閉じているって、知っていましたか?私たちは何かを飲み込むとき、お口を閉じて舌を上あごに押し付けています。

赤ちゃんはミルクを飲むときに無意識にそんな動きをしています。本能ともいえるお口のこの働きは反射運動です。
via

ヒトは成長するにつれ、固形食を食べだします。まずお口を開いて食べ物を口の中へ入れます。最初の2~3回は自分の意思で噛みますが、そのあとのリズミカルな咀嚼(そしゃく:食べ物をかみ砕く運動)は反射運動です。

そのあと飲み込まなければならないんですが、最初は自分の意思で飲み込もうと決めます。でも飲み込むとき、お口をとじて舌を上あごに押し付け、しかもゴクリとのどを鳴らすのは(鳴らない方もいらっしゃいますが…)反射運動です。

生まれたときから高齢になるまで、私たちの健康はこのような反射運動で支えられています。
via

外島彩 外島彩

JA福島さくらきらら歯科医院院長として勤務しています。