特集

株式会社JA和牛ファーム福島さくら繁殖牛舎オープン

3月28日、株式会社JA和牛ファーム福島さくらのCBS(キャトルブリーディングステーション)がオープンしました。

同施設は、10,736平方メートルの敷地に繁殖雌の飼育牛舎や分娩(ぶんべん)舎、哺育舎、子牛育成舎、堆肥舎などがあり、最新の発情発見器やモバイル牛温計を活用し、繁殖母牛により子牛を生産・出荷するブリーディング事業と農家から不妊牛等を預かりリハビリ・人工授精を行ったり、子牛の委託を受け育成し出荷するキャトル事業を軸として稼働させます。

管内の和牛繁殖農家の経営基盤の確保や低コスト生産による所得向上および新規就農研修生の受け入れ等により繁殖牛農家の間口を広げ、生産基盤の強化及び飼養頭数の維持を目的として運営いたします。

今年度から預託規模は80頭、繁殖雌牛100頭を飼養し子牛を生産していく計画です。

via

竣工式の模様

via

挨拶をする管野代表取締役社長

via

上空からの施設の様子

via

施設の入口

via

牛舎内の様子