みみよりニュース

たむらの米を味わう     食育ソムリエ活動「ごはんの日」

 JA福島さくらたむら地区は、田村市の農産物直売所ふぁせるたむらで毎月8日に行われる「ごはんの日」に合わせ、食育ソムリエ活動「ごはんの日」を開催し、来場者にたむら産の米を振る舞っています。

 これまで「ふきのとう味噌の焼きおにぎり」「高菜とチーズの焼きおにぎり」などを提供してきましたが、今回は「ごま油と塩のやみつきおにぎり~ねぎ&じゃこ~」を提供しました。

 自宅で簡単に作れるレシピを紹介しながら、たむら産の米の美味しさをPRし、米の消費拡大を図っています。

 来場者からは「簡単で美味しいので、ぜひ家でも作ってみたい」と好評です。

 同地区管内では、9月下旬より2021年度米の刈取が始まっているため、11月8日に開催する次回のごはんの日は、新米を使用した「塩むすび」を振る舞う予定です。

via

提供するおにぎりを作る職員ら

via

おにぎりを提供する職員

via

おにぎりを提供している様子