インタビュー

今月の農家さん vol.6

地域の農家さんのお話をお届けvol.6 シイタケ農家 有限会社遠藤きのこ園 遠藤雄夫さん(双葉郡川内村)

「地域農業を継ぎたい」決意から就農

via

川内村でシイタケの菌床栽培をする遠藤雄夫さん(41)は、家業の「有限会社遠藤きのこ園」を継ぐために川内村役場を退職し、平成28年4月に就農。「きのこ園を終わらせてはいけない」という強い想いから就農を決意したと話します。

きのこ園は雄夫さんとご両親のほか従業員11名で営み、内8名を外国人技能実習生としてベトナム人女性を雇用しています。栽培ハウス19棟、空調施設5棟、培養ハウス(菌床製造・培養施設)1棟を備え、毎日350~400キロのシイタケを出荷し、JA管内でも指折りの生産量を誇っています。

農業のやりがいや魅力などを教えてください

シイタケは育つ環境を良くすることで、肉厚の美味しいものが育ちます。省エネしつつも温度や湿度を適度に管理したり、作業効率の向上を図って管理方法を工夫するなど、失敗しながら挑戦することにやりがいを感じています。また、地域のイベントなどに参加した際、小さな子どもがシイタケを「美味しい!」と言って食べている姿を見るとうれしさを感じます。

JAに期待することや要望はありますか?

若手農業者やこれから就農する人が夢を持ち、やりがいを感じることが出来るようにJA組織力を生かした支援を期待しています。
via

総務部・よこた 総務部・よこた

JA福島さくら本店・総務部・総務企画課の横田です。 みなさまの生活に役立つ情報をお届けしてまいります!