特集

還付金詐欺の被害防ぐ   田村総合支店に感謝状

 JA福島さくら田村総合支店は10月12日、「介護保険還付金詐欺」被害を未然に防いだとして、郡山警察署から感謝状が贈られました。

 同支店によると10月1日午前10時頃、窓口に介護保険の還付金があるため通帳とキャッシュカードを持参し、JAに来店するよう連絡を受けた同市70代女性が訪れました。

 対応した窓口担当の関根早稀職員は不審に思い、山本健児副支店長に相談、女性に郡山市介護保険課に確認するように伝え退店してもらいました。

 同日10時30分頃再度女性が窓口に来店し、関根さんが聞き取りを行ったところ電話での会話を少し録音したと話したため、その録音を確認したところ内容が詐欺の疑いがあると気づき、山本副支店長と共に女性に詳しい内容を確認し、女性の了承を得て郡山警察署に報告しました。

 感謝状を受けた関根さんらは「被害を未然に防止できて本当に良かった。今後もお客さまの様子に気を配り、お客様が気軽に相談出来る環境にしたい」と話しました。

via

感謝状を手にする(左から)松岡孝典田村総合支店長、山本副支店長、関根さん