特集

6次化商品を通じて魅力を発信

 4月10日、郡山市の三越系列のうすい百貨店において郡山産米や6次化商品の販売会を開始しました。うすい百貨店で当JAの商品コーナーを設置するのは初めて。

 同JAは、範囲が広い管内で地域の特色を活かした農畜産物を生産しており、生産者の所得向上のため、6次化商品に積極的に取り組んでいます。

 商品ラインナップは、郡山産プレミアムブランド米「ASAKAMAI887」やいわきねぎを使用した「ねぎドレッシング」、ふたば地区で振興作物として生産に力をいれている玉ねぎを使用した「玉ねぎドレッシング」、葛尾村の特産品「凍みもち」などの販売をしています。

 同JAは、管内のこだわりの地産品を手軽に購入できる地域のインショップとして、地元の客に楽しんでもらうのはもちろんお遣い物やお土産として求めやすい品ぞろえとなっている。今後、管内産品の魅力を発信し、地域の方々に幅広く知ってもらい、地域内外にその魅力を広めることを目的に行ないます。また、新型コロナウイルス感染の観念から試食販売は中止となったが、今後は試食を行いながら魅力を発信していきます。

via