特集

被災農家の早期経営再建に向けていわき市長に要望書提出

 10月28日、いわき地区は台風19号の甚大な被害を受け大和田専務が、いわき市役所で清水敏男いわき市長に対し、被災農業者の一刻も早い復旧と経営再建などについて要望書を手渡しました。

 大和田専務は「農業関係施設など甚大な被害を受けた。特に収穫期を迎えていた水田や秋冬野菜、さらには農業施設への河川氾濫等により農業関係の被害が深刻となっている。復旧には相当な時間を要すると見込まれる。ただ、水田の復旧を早急に行わなければ2020年の作付に影響が出る恐れがあることから、一刻も早い万全な復旧を強く望みます」と要望しました。

 清水市長は、「国や県と連携し、稲わら問題や施設の復旧など早急に進めていく考え」と話しました。

via