特集

収穫する日が待ち遠しい 草野デイサービス種まき会

 5月19日、JA福島さくらいわき地区の草野デイサービスセンター太陽は種まき会を開催し、利用者ら5人が参加しました。

 種まき会では利用者らが、ナス・トマト・ピーマン・キュウリなどの野菜苗を手伝うことができる範囲で畑に植え付けました。

 農作業は、高齢者にとって身体的・心理的にも良い効果があると言われており、同会も機能訓練を目的に行われ、利用者らは種まきから収穫まで、一連の作業行います。

 作業を行っている畑は同デイサービス施設の裏に位置しており、利用者らは今後も近くで成長を見守っていきます。また、収穫された野菜は、昼食の献立に取り入れ、利用者が味わいます。

 参加した利用者は、「今回植えた苗が元気に育って、実がつくようになるのが楽しみ」と話しました。

via

苗を植え付ける利用者ら