特集

地域農業の活性化に向けて 田村市へ要請書提出

 JA福島さくらたむら地区は11日、地域農業における高齢化と就農人口の減少が加速される現状を受け止め、「担い手の確保・育成」「農業者の所得増大」「農業生産の拡大」の実現に向け地域創生と活性化を図っていくため、本田仁一田村市長へ政策対応や助成支援などを求める要請書を蒲生たむら地区本部長から手渡しました。

 蒲生地区本部長は、「風評被害防止対策・食農教育の継続実施」「新規就農者及び担い手の育成・支援」「稲作・園芸振興対策支援」「GAP認証取得支援」、「有害鳥獣対策支援」「畜産振興対策支援」などについて強く要望した。本田市長は「農業者への支援は、行政とJAが連携して対応していきたい。」と話しました。

via