特集

ファームパークいわえで田んぼアートが見ごろ

 7月5日、当JA福島さくら桜支店管内の田村郡三春町上舞木のファームパークいわえの田んぼアートが見ごろを迎えています。

 こちらの田んぼアートは、ファームパークいわえ運営委員会を中心に地区の方々が地域活性化を目的として、平成21年から取り組んでおり、今年度は、5月26日に天のつぶの苗のほか計7種類の古代米などの苗の植え付け同地区の方とJA福島さくら桜支店の職員で行った。

 田んぼアートのデザインは、昨年生誕450年を迎えた三春城主の娘で、のちに伊達正宗の正室となった愛姫と三春町の町章、伝統工芸品の三春駒が描かれ、田んぼに浮かび上がっている。

 ファームパークいわえ運営委員長の影山幸一(かげやまこういち)さんは、「今年も非常に素晴らしい出来となっているので、沢山の人に見に来ていただきたい。」と話していました。

via

via

via

via