特集

バナナがなった!?

 当JA郡山地区二瀬支店管内の郡山市田村町で農業を営む佐藤芳江さん宅の畑でバナナがたわわな実をつけ、地域の話題となっています。

 5年前に知人からもらった苗を近くの畑に定植したもので、今年初めて開花し実を付けた。7月上旬頃から開花を始め、8月上旬には8房、約80本以上実りました。

 この品種は「芭蕉」といい英名「ジャパニーズバナナ」という。原産国は中国で、日本の温暖地沖縄で多く栽培している植物で、普通のバナナに比べると種が非常に多く、渋みを感じさせる成分タンニンが入っており食用にはあまり適さないとされているが工芸品などに多く使用されています。

 佐藤さんは「今年初めて開花して、実も付けてビックリした。毎年冬になると枯れてしまうのに春先になると木がグングン伸びるし、最初は1本だったのに今では7~8本に増えた。食べられないのは残念だが、みんなに観てもらえたら嬉しい」と話してくれました。

via

via