特集

福島県花き品評会で佐久間幸一さん(田村市)が農林水産大臣賞受賞

 昨年8月に郡山市で開催された「第46回福島県花き品評会」において、JA福島さくら管内から多数の花きが入選がし、1月27日には、同市で表彰式が行われた後、入賞者らはJA福島さくら本店を訪れ、喜びの報告をされました。

 報告に訪れたのは、金賞(農林水産大臣賞)を受賞した田村市の佐久間幸一氏および管内生産者5人で、金賞を受賞した佐久間さんは「JAの営農指導員をはじめとした皆様の協力があり金賞を受賞することができました。今後もご指導をお願いいたします」と話しました。

 報告を受けた同JA橋本剛一専務理事は「当JAから多数の生産者が入賞することは、大変名誉なこと。今後も健康に留意されながら優良な花きを生産し、全国の消費者に綺麗な花を届けて頂きたい」と祝福の言葉を述べました。

 同品評会は、生産者の生産技術向上と県産花きの需要拡大等を目的に毎年開催されている。今年度は県内から186点の出品があり、小菊やリンドウ、トルコギキョウなど10品目以上の出品があった。

via

via

via

via

via