特集

農産物鑑定大会で金賞受賞

 1月21日にJA福島ビルで行われた「第9回JA福島農産物鑑定大会」にて、1位となる金賞を受賞したJA福島さくら農産物検査員の㈱JA福島さくら燃料サービス戸田久幸検査員が同日、郡山市の本店を訪れ、管野啓二組合長らに受賞の報告をしました。

 報告を受けた管野組合長は「大変喜ばしいことであり、全国大会では我がJAの代表として優秀な成績を収めて頂きたい」と期待を込めて話されました。

 戸田検査員は「全国大会では今まで取組んできたことを全力で発揮してまいります」と3月6日に開催される全国大会に向け決意を述べました。

 第9回JA福島農産物鑑定大会は県内から35人、同JAから9人が出場し、報告会には、管野啓二代表理事組合長、橋本剛一、大和田正幸代表理事専務、木幡治代表理事復興対策本部長、山田賢一営農部長、営農部農業振興課荒川久幸課長補佐らも出席しました。

via

左から荒川課長補佐、管野組合長、戸田検査員、橋本専務、大和田専務、木幡本部長