特集

高校生へ農業機材贈呈

 3月26日、福島県立小野高校へ田植機1台および関連機材の贈呈式を小野町の同高校で行ない、目録を、蒲生幸夫たむら地区本部長理事より小針幸雄校長へ贈呈いたしました。

 この取り組みは、JA共済の地域貢献活動の一環で、福島県農業の将来を担う人材育成に寄与することを目的としており、昨年は、農業関連学科のある県立高校8校へ、今年度は総合学科において、農業コース等を設置している高校へ農業関連機材等の寄贈を行っています。

 同高校では、生徒に合わせた学習スタイルで様々な授業を履修できる総合学科がある高校で、農業実習もあり、これからの授業の活用が期待されます。

 贈呈した蒲生地区本部長は、「より深く農業について学んでいただき、小野高校のキャッチフレーズである“夢をかたちに”の実現に向けてチャレンジしていってほしい」と話しました。

via

via

via