特集

安全安心な野菜を全国へ 夏秋野菜出発式

 JA福島さくらたむら地区本部は7月7日、田村市の当JAたむら地区船引そさいセンターで2021年度夏秋野菜出発式を行いました。

 式には、田村農業普及所、JA全農福島、各運送会社、園芸部会役員、当JA役職員など約40人が出席し、安全・安心で新鮮な農産物の提供と販売目標の必達を誓い合いました。

 今年度のピーマン、サヤインゲン、トマト等の夏秋野菜生産量は約2,800トンを見込んでおり、販売額は年間目標12億995万円を目指しています。

 出荷する野菜は放射性物質や残留農薬の自主検査を行い、県内をはじめ関東や関西方面へ出荷されます。

via

テープカットする蒲生幸夫たむら地区本部理事(中央右)、大友政判たむら地区園芸部会長(中央左)ら