特集

JA自動車共済損害調査サービスでダブル最優秀賞受賞

 6月8日、JA共済連がJA自動車共済の損害調査業務に携わる担当者の意欲向上や、損害調査サービスの迅速化と利用者満足度の向上を図るために実施している2020年度「JA自動車共済損害調査サービス優秀組合・担当者表彰」の表彰伝達式が、郡山市のJA福島さくら本店で行われました。

 優秀組合の部では、当JAのたむら・ふたば地区事故相談センターが最優秀賞と郡山地区事故相談センターが優秀賞、優秀担当者の部では大和田理江職員(たむら地区本部)が最優秀賞を受賞しました。

 式では、当JA栁沼勝弘金融・共済担当常務らが見守る中、JA共済連福島県本部の服部道夫本部長より、たむら・ふたば地区事故相談センターの齋藤清和センター長、郡山地区事故相談センター増子勝人センター長、大和田職員に表彰状が手渡されました。

 当JA栁沼常務は「合併以来初めてのトップ受賞となり大変うれしく思う。常日頃、加入者に寄り添った事故処理を心掛けて、毎日の業務の積み重ねが結果になって表れたもの。今回の表彰を励みに今後も加入者とJA共済連の繋ぎ役として業務に励んでほしい」と挨拶しました。

via

右から柳沼常務、斎藤センター長、大和田職員、増子センター長、服部本部長