特集

出向く体制を強化!!移動金融店舗車導入

 組織再編にかかり2021年3月1日に支店事業所の統廃合を行うことから、組織再編に伴う遠隔地での金融サービスの提供をするため移動金融店舗車が納車されました。  

 この取り組みは、農林中金によるJAバンク中期戦略における移動店舗導入助成を活用したもので、金融機能のBCP体制構築や、組合員・利用者への金融サービスにおける接点の維持・提供を目的としています。

 移動金融店舗車では、週5日、廃止支店7ヶ所を中心に運行を始め、支店窓口と同じ対面カウンターで業務を行い、普通貯金の入出金、通帳の記帳・繰越、紛失盗難に関する事故受付、定期貯金受入、公共料金および税金納付、購買代金・共済掛金のお預かり、融資・年金・相続等の相談業務等の業務を取り扱います。

 同JAでは、「地域の農業と組合員を守る強固なJA経営の実現」を目指し、支店事業所の再編を行い、移動金融店舗を使用した出向く体制の強化や、相談機能の充実を図っていきます。

 管野啓二組合長は「出向く体制を強化し、組合員によりそった事業を展開していきたい」と話しました。

via

via

via

via