特集

湿害対策を重点的に 夏秋ネギ栽培指導会開催

 5月21日、JA福島さくらたむら地区は、夏秋ネギ栽培指導会を三春町の同地区西部営農経済センター会議室で開催し、生産者7人が参加しました。

 指導会では、当JA担当職員から今年度のネギの販売情勢、今後の栽培方法、食の安全性などの取り組みについて説明されました。

 また、 今後の栽培方法では21日までに西日本の各地で梅雨入りがはじまり、同地区においても例年より梅雨入りの時期が早まることが予想されることから、排水機能の整備や、病害虫対策の予防散布など、湿害対策について重点的に説明されました。

 担当職員は「病害は発生してからの防除が困難。天候に気をつけながら、例年よりも早めの防除をお願いしたい」と話しました。

via

真剣栽培指導を聞く組合員ら