特集

たむらのお酒 限定販売

 たむら地区本部は、同地区で収穫された米やりんごを使用して製造された限定酒「農魂」と「たむら産地のりんごのお酒」の販売を開始しました。

 「農魂」は、田村市船引町の杜氏玄葉本店に依頼し、管内で生産された「夢の香」や「チヨニシキ」を用いた、たむら100%の日本酒。2016年から毎年数量限定で製造し好評を博している。名称は、農は「開拓」、魂は「世代への継承」を意味し、みんなの力でたむらに元気を、という思いを込めて名付けられています。  

 「たむら産地のりんごのお酒」も、管内産のりんご「ふじ」と「王林」を原料として、ふくしま農家の夢ワイン(株)にて製造。さわやかな酸味と甘みで女性も飲みやすくなっている。こちらも、たむら産にこだわった逸品となっている。

 「農魂」は1・8㍑で2420円、720㍉㍑で1210円。「りんごのお酒」は500㍉㍑で1500円。 同地区の農産物直売所ふぁせるたむらや、御木沢農業資材センター・大越農業資材センターで販売している。

問い合わせ先=JA福島さくら農産物直売所「ふぁせるたむら」 電話0247-82-4800

via