特集

豊かなむらづくり顕彰受賞

 当JA福島さくらたむら地区ピーマン専門部会は、2018年度豊かな村づくり顕彰事業「農業生産部門」を受賞し 同専門部会の佐久間金洋部会長が、JA福島さくら本店に受賞の報告に訪れ「大変うれしい受賞となった。今後もたむらピーマンの産地力が発揮出来るよう部員一丸となり取組んで参りたい」と喜びを語っていただきました。

 報告を受けた管野専務は、「農業の高齢化や過疎化が進む中での受賞大変喜ばしい。地域の特色を活かし、地域農業の振興に今後もがんばってほしい」と激励した。

 同部会は、1986年ごろから試験栽培を開始し、88年から本格的に栽培を開始し、国指定産地となり、現在は県内一の産地が形成されています。

via

受賞報告に訪れた佐久間部会長

左から伊藤たむら地区営農経済部長、管野代表理事専務、佐久間部会長、若月代表理事復興対策本部長