イベント予定|あそぼーこども会

バケツ稲に挑戦!

 5月24日、ふたば地区では、浪江町立なみえ創成小学校で4年生3人、5年生3人、6年生1人の7人が参加しバケツ稲体験を行いました。

 児童は当JA青年連盟ふたば支部の紺野宏委員長と猪狩信康副委員長、半谷啓徳幹事、当JAふたば地区本部営農課大森誠課長補佐の指導でバケツにコシヒカリの苗を植えました。

 子どもたちに稲を育てる苦労や収穫の喜びを学んでもらい、食に対する興味や大切さ、農家の大変さ、米作りを通して次代を担う児童に農業への理解深めてもらうことが目的です。

 参加した児童は「手で植えることが難しかったがこの苗が成長してお米になるのが待ち遠しい」と話しました。

 今後は当JA指導のもと、稲の成長過程を学び、分けつ、稲刈り、脱穀、もみすりなど行っていきます。

via

苗を丁寧に植える児童ら